鶏の唐揚げ7つの裏技と鶏肉選び!美味しい鶏皮おつまみレシピ!

      2020/05/23


鶏の唐揚げがグっと美味しくなるプロのレシピです!

買物が大変なママにおすすめ。大地宅配のお試し野菜セット1,980円から

料理上手になるにはプロのレシピをマスターするのが一番です。

このブログではてテレビや雑誌で紹介された一流のプロのレシピをまとめています。

料理が苦手なあなたもプロのレシピをたくさんマスターして旦那さんや彼氏を驚かしてください。

今回のプロのレシピ

鶏の唐揚げは子供も大人も大好きなオカズです。

行楽シーズンはお弁当にも大活躍です。

料理が苦手な方は唐揚粉を使ったりしますがあんまり美味しくないですよね!

このレシピであなたも鶏の唐揚げ上手になって子供を喜ばせてください。

材料

材料2人前

鶏肉(240g)

はちみつ 小さじ2分の1

合せ調味料(下味)

醤油  小さじ2

酒   小さじ1

生姜(すりおろし) 小さじ4分1

塩           小さじ4分1

裏技

裏技1

肉のちぢみを防ぎ下味を染み込みやすくします。鶏肉をフォークでさし穴をあけます。

裏技2

はちみつには鶏肉の水分を逃がさずはちみつを使います。

ジューシーに仕上げる効果があるので下味を付ける前に揉みこんでおくと
揚げたときに鶏肉が硬くなりにくいんです。

裏技3

下味の水分がついたまま衣を付けると衣付けをする前にクッキングペーパーで
余分な水分をとります。

水分をすってベタベタになります。

裏技4

さくっと仕上がります。片栗粉を使います。

裏技5

火力は中火で160度から170度になってから揚げ始めます。

唐揚げは長く揚げると衣が油をすってベチャッとなります。

※温度計がなくても油に菜箸をいれて
細かい泡がでだしたら約160度だそうです。

約30秒から40秒で裏返し衣がカラッとなるまで3分から4分中火で揚げます

裏技6

ジューシーになります。
衣がきつね色になる前に取り出し予熱で3分ほど中まで火を通します。

中まで火が通るまで揚げると衣が焦げたり肉が硬くなってしまいます。

裏技7

最後のひと手間!

衣がカラッとするまで高温(180度)で
10秒ほど二度揚げします。

この手間がさらに美味しい唐揚げに
仕上げてくれるんです。

ぜひ美味しい唐揚げを作ってお子さん旦那さんを
喜ばせて上げてください!

美味しいて言ってもらえると嬉しいですよね!

これであなたも唐揚げ上手です!

あなたの得意料理に加えてくださいね!




時短便利技!

下味をつけた鶏肉と唐揚げ粉をポリ袋に入れます。

口を閉じたまま揉むと肉にまんべんなく粉がつきます。
ポリ袋はそのまま捨てれば洗い物も少くてすみますよ!

鶏肉の選び方3つ!

プロのレシピでも素材が悪いと美味しさ半減です。

鮮度が落ちた肉からはドリップ(汁)が出ています

鶏肉はとくに出やすいんです。

パックで売られている鶏肉を買うときはまず確認してください。

①  硬さ

鮮度が落ちた鶏肉は弾力がなく、ぐにゃっとしています。

 

 

②  ツヤ

古いものはテラテラ光っていますが鮮度のいいものは
適度なツヤがあります。

 

 

③  皮

毛穴のブツブツが盛り上がっているものが新鮮です。
古いものは粘りけがでてべたんと平べったくなっています。

 

鶏の皮でおつまみ!

鶏の皮は油っぽいので苦手な方も多いでしょう。

美味しいおつまみを紹介します。

脂身の付いたままの皮に塩、コショウを振って
カリカリになるまで炒めれば完成です。

油はひかなくて大丈夫です。

ちょっとした一品を作れると料理上手ぽいですよね。

料理が苦手なあなたもまた一歩料理上手にちかずきましたよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 鶏肉レシピ