たいめいけん茂出木シェフのひき肉カレーレシピ!と裏技!

      2018/02/11

プロが教える時短のキーマカレーです。

料理が苦手なあなたも料理上手になれますよ!

プロのレシピたくさんマスターするのが一番の近道です。

このブログでどんどんマスターして料理上手になってください。

 

世の中にはいろんなレシピが反乱しています。

カリスマ主婦とか料理評論家とか・・・・

でもせっかく作っても美味しくなかった経験ないですか?

やっぱりプロのレシピはハズレがないです。

しかも長年続く老舗の名店ならば間違いないです。

今回はヒルナンデスで紹介された
老舗洋食屋日本橋たいめいけんの
自称日本一色黒な料理人

茂出木シェフ直伝
トマトライスがポイントの簡単ひき肉カレーです。

一人前250円と節約レシピなんです。

ぜひチャレンシしてください。

 

材料

ひき肉カレー

マッシュルーム  4個

玉ねぎ    2分の1個(200グラム) 

ピーマン     2個

合挽肉    200g

カレー粉   15g

お酒大さじ1

ブイヨンスープ100ml

ケチャップ 大さじ1

トマトライス

ミニトマト4個(二人前)

オリーブオイル  適量

塩         適量

作り方

 

ピーマン、玉ねぎは食感を残すため

1センチ位にカットします。

マッシュルームは厚めにスライスします。

カットするのはこれだけなんです。

 

オリーブオイルでひき肉を炒めます。

美味しく炒めるポイント!

炒めすぎるとパサパサになりやすいので

強火で1から2分素早く炒めると
パラパラになります。

 

ひき肉がパラパラになったら

玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームを入れて

そのまま強火2から3分で炒めます。

 

そこへお酒大さじ1(二人前)をいれ

市販の刻んだカレールーをいれます。

カレールーはなんでもいいです。

 

カレールーが溶けてなじんできたら

ブイヨンスープ

ケチャップをいれてカレールーの完成です.

これだと30分もかかりません!

 

トマトライスの作り方!

 

白ごはんにかけても美味しそうですが

茂出木スペシャルのトマトライスにかけます。

 

 

刻んだミニトマトをご飯にいれまぜたら

オリーブオイル、塩をいれます。
さらにまぜて完成です。

お好みで目玉焼きをトッピングしてください。

カレーが濃いめなのでトマトライスの酸味が
ピッタリなんです。

茂出木シェフの絶品ひき肉カレー
あなたの得意料理に加えてくださいね!

トマトを使ったサラダをもう一品

絶品焼きトマトサラダ!

トマトサラダは生が定番ですが
焼きトマトも美味しいですよ!
輪切りにしてフライパンで焦げ目が軽く
つくくらい焼きます。
焼き上がったら粉チーズをふりかけるだけです。

トマトには昆布と同じ旨味成分のグルタミン酸が豊富なんです。
加熱すると酵素の働きで別の旨味成分が作られ
旨みがさらに高まります。

これで夕食のメニューはバッチリです。

ひき肉選びのコツ!

材料選びが間違っていればせっかくのレシピも半減です。

知っておいて損はないです。

ひき肉には牛、豚、合挽、鶏の4種類ありますがどの場合も脂肪をチェックしましょう。

脂肪は全体の2から3割くらいのものがちょうどいいです。

全体が白っぽさが目立つものは脂っぽいので避けたほうがいいです。

牛ひき肉は鮮やかな赤色、豚肉は赤みがかったピンク色、鶏肉は淡いピンク色のものが新鮮です。

鶏肉の場合全体的に黄色っぽく見えるものは脂肪が多いです。

どの場合も黒ずみがあったり汁が出てるのは注意が必要です。

これでプロのレシピを最大限に活かせます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク






 - カレーレシピ