ミシュランシェフのプロレシピ!栗ご飯と料亭風醤油を作る方法!

      2020/04/27

食欲の秋に美味しい栗ご飯が食べれますよ!

理上手になるにはプロのレシピをマスターするのが一番です。

このブログではてテレビや雑誌で紹介された一流のプロのレシピをまとめています。

料理が苦手なあなたもプロのレシピをたくさんマスターして旦那さんや彼氏を驚かしてください。

 

今回のプロのレシピ

栗ご飯です。

普段何気に作る料理もプロのテクニックを使えばぐんと美味しくなります。

このレシピはプロの料理人「懐石一文字」の廣瀬和彦さんが

この差ってなんですかで紹介してくれたものです。

「懐石一文字」は、「ミシュランガイド東京」で、星2つを獲得している超一流店なんです。

ミシュランシェフの秘伝の栗ご飯レシピ絶対マスターしてください。

美味しい栗の見分け方

 

光沢があって張りがあるものがよいです(身が詰まってます)

 

簡単に栗の皮をむく方法!

水1リットル、塩小さじ1/2弱ほど入れ栗も入れて浸けます。
30分漬けると硬い皮と薄皮のあいだに水分がはいり
皮をむきやすくなります。

プロのマル秘テクニック!

 

スーパーなどで売られている焼きミョウバンを水に溶かします。

そこへ皮をむいた栗をいれます。

 

焼きミョウバンにはアクを取り、栗を黄色く発色する効果があるのです。

真っ白なご飯に黄色い栗絶対美味しそうに見えますよね!

 

プロの栗ご飯の炊き方

 

といだお米に水と塩、お酒をいれ昆布をいれます。

栗は入れないんです。

 

ごはんと一緒に栗を炊くと栗の美味しさがだしに流れてせっかく栗の美味しさが損なわれるんです。

 

栗は旨みと色を出すため蒸し器で40分蒸します。

 

蒸し上がった栗を炊いたご飯にいれ5分ほど蒸らします。

これで

絶品栗ご飯の完成です。





まとめ

ご飯と栗を一緒に炊かないというのは

目からウロコです!

食材の旨さを損なわないプロの究極のテクニックですよね!

これで栗ご飯は完璧です。

 

美味しいごはんを食べる裏技!

ご飯がおいしければもっとこのレシピが役立ちます。

お米にも賞味期限がある

お米は意外に暑さに弱いんです。

そのため精米後2週間くらいで食べきるのが理想なんです。

賞味期限は記載されていませんが精米年月日が記載されています。

秋から冬で1〜2ヶ月
春1ヶ月
夏は2週間くらいです。

余ったら冷蔵庫で保存しましょう。

知らないと損する裏技

お米を炊くときに備長炭をいれるのは有名ですが
寒天を少量加えると美味しく炊けます。

寒天に含まれるミネラルなどがカルシウムの吸収を促し
体内の脂肪や腸の老廃物を外に出す働きがあるんです。

食物繊維が血糖値の上昇を抑えて便秘も解消につながります。。

超健康レシピなんです!

お米一合に対し粉末寒天1グラム位が適量です。

調味料の豆知識

だし昆布に切り込みを入れて醤油さしのなかに入れておくと醤油を料亭風に変身させます。

簡単なのでぜひ試してください。

料理が苦手なあなたがこんな美味しい栗ご飯が作れたらみんなびっくりしますよ!

このブログでたくさんプロのレシピをマスターしてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ママパンはプロも利用するパン専門ショップです。

おうちでパンやお菓子を手作りしませんか!パンの作り方レシピも満載!

ママパンショップページはこちら

 - 栗ご飯